収納は見せる派?隠す派?

収納は見せる派?隠す派?

45歳 女性の話「収納は見せる派か」

収納は見せる派か、隠す派かと聞かれたら、私の場合は圧倒的に隠す派です。

なぜかというと、見せるためには収納部分まで常に美しい状態にしていないといけないからです。
一方、隠す派であれば、とにかく扉を閉めてしまえば、中はどんなにごちゃごちゃでも外から見えることはないので、外からはすっきりときれいに見えるからです。

わが家には、仕事の専門書や様々な趣味の本がたくさんあるのですが、本というのはタイトルを見るとその人の知的水準や趣味嗜好までわかってしまいます。ですから、他人の家に行ったときに本棚があるとちらっと見て、この人はどんな本を読んでいるのだろうと観察してしまいます。
逆に見せる派の収納で本が丸見えになっている本棚をリビングに置いていると、自分の趣味嗜好をすべて他人にさらけ出していることになってしまうのではないかと感じます。
それは私にとってはあまり好ましいことではないので、私は本棚でさえ、見せる派ではなく隠す派です。

38歳 女性の話「ファッション雑誌を開くと、インテリア特集が目に入ります」

ファッション雑誌を開くと、インテリア特集が目に入ります。
カフェのようなインテリアや、北欧風のオシャレな部屋といった記事を見ると、我が家も素敵にしたいと思うようになります。
オシャレで洗練されたお部屋にするには、生活感を感じさせないことが秘訣でしょう。
見せる収納にしても見せない収納にしても、すっきりとさせ、無駄なものは省いていくというのがコツかもしれません。
我が家の収納は隠す派で、クローゼットや戸棚にどんどん入れてしまっています。見せる収納と隠す収納では、隠す方が簡単にできる気がするのです。
片付ける場所を確保し、決められたところにしまえばお部屋はスッキリします。

しかし、もっとインテリアセンスを磨き、より難易度の高い見せる収納もしてみたいですね。見せる収納は、見せ方や物の選び方にセンスが問われますが、腕の見せ所でもあるでしょう。
隠す派、見せる派の両方を取り入れ、家族構成やその時の趣味や季節によって、収納を変え、オシャレなお部屋を作っていくのも楽しいですね。

関連サイト

Copyright (C)2017収納は見せる派?隠す派?.All rights reserved.