収納は見せる派?隠す派?

収納は見せる派?隠す派?

41歳 女性の話「以前、収納は見せる派だった頃」

以前、収納は見せる派だった頃、いつも部屋の中が落ち着かない雰囲気でした。
物をオシャレに見せていたはずなのに、片付いていない部屋に見えるのです。
物が多すぎたのも原因で、減ることもなく増える一方でした。
それ状態で見せる収納をしていたので、お片付けのできない部屋、と思われても無理はないでしょう。センスのいい見せる収納の部屋は、片付けを得意としない自分には、合わなかったようです。

今では、すっかり収納は隠す派になりました。
まず、部屋の中のものを、かなり処分したのです。
物が多すぎると、隠すにしても収納がしきれないためです。
何年も着ていない衣類、また読むかもしれないと思っていたコミック、買い物の紙袋など、部屋の中のものを大幅に削減したのです。
収納場所は少ないですが、物が減った分収まるようにもなりました。
基本的に、片付けが得意ではないのは変わっていません。ですから、急な来客時には、急いで衣装ケースなどに押し込みます。以前よりも物が少なく、部屋の中にも空間があるため、隠す収納にも困らないのです。

関連サイト

Copyright (C)2017収納は見せる派?隠す派?.All rights reserved.